「愛してたって秘密はある」結末予想。意外な結末???

「愛してたって秘密はある」を見ました。

出演しているすべての人物が怪しい感じです。現在黎の母親がやっているのではと考えています。

共犯者もいるかもと思っています。

黎が殺してしまった父親のことで、脅迫めいた感じで死体を掘り起こしたり、花火大会で手に入れた爽のかんざしと黎の父親を殺した凶器のトロフィーが爽に送られてきたり・・・

黎を追い込んでいく執拗さ。いったい誰が何のために?

かなり細かく当時の状況を把握していなくてはできないのでないかということを、犯人はしていると思うのです。

ということで怪しい行動をとっている若い虎太郎や果凛は嫉妬から誰かにそそのかされて踊らされているだけだと思うので小さいことは目いっぱい怪しいけど根本には白。

そして、一番入り組んだところまではいっていける母親の晶子(鈴木保奈美)がかなり怪しいと思っています。

だんだん怪しいと思っていたのですが、息子を思う母親という面もたくさん出ていてそうは思いたくなかったのですが・・・

あまりに踏み込んだところまではいってくる感じで、どちらにしても深く関わっていないと成り立たないのではないのかと思うようになってきました。

どちらにしてもというのは、本当に主犯的または、共犯者としてといった感じです。

一つの考えとしては、本当は父親を殺した犯人自体が黎ではなかったという、根本的なところから嘘で固められていたのではないかと思っています。

母親を守ろうとして黎が父をトロフィーでというところまでは変わらず、実は息を吹き返した父親に晶子がとどめを刺した。

黎に実は殺したのはあなたじゃないと告げなかったのは、当時未成年の黎が殺したことにしておけば刑も軽くて済む。

もしくは何か別のもっと大きな秘密を隠すため。

なにかありそうな雰因気を醸し出していた爽の父親が関連していると予想されます。

動機としては、ずっと秘密を共有していた黎に対する独占欲という感じなのかな。

漠然とそんな感じで予想しているのですがこれからの展開はどうなっていくのか?

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする