初心者でも簡単な手編みのシュシュの編み方

40番レース糸
レース針2号
ヘアゴム

↑は私が実際に使用した材料ですが、いろんな材料を使ってみるのもいいかもしれません。
太い糸を使っていくと早く編めるし、レース糸なども太いものを使うと大きくなったりします。糸によってけっこう同じ編み方でもかなり表情が変わってきたりします。

この前作ったシュシュですが、同じショップでよく似たシュシュの編み方を動画で紹介していました。もしこういうシュシュを作りたいなという方がいらっしゃたら参考になるかなと思うので紹介してみようかと思います。
(編み方などは違うのですが共通個所も多いので参考になればと思います。こちらはキットとしてセット売りになっているものです)

こちらに編み方の動画がありました。

動画ではまずヘアゴムに編みつけていきます。最初の作り目などは一緒です。

この動画のものは並太タイプと、太めの糸を使っていて、私の編んだ方の編み図のほうが細い糸を使っているので、こちらの方がレースっぽい繊細な感じになります。私は40番のレース糸を使ったのですが、実際の編み図はもっと細い糸の2本どりです。

最初ゴムに編みつけ、くさり編みを一度したら細編みをします。

動画では一段目は長々編みとくさり編をしていますが、こちらは細編みとくさり編です。

細編みの編み方がわからない場合は動画の2段目の編み方が細編みをしています。

動画だと下の段の目の後ろの糸だけをすくっていますが、これでは一段目はゴムの下から糸をすくい、2段目・3段目はくさり編みのところを下からすくいます。(ゴムの下から糸をすくったのと同じようなやり方です。)

2段目・3段目はくさり編みと細編みの繰り返しです。一段の編み終わりには2目編んでから段の編み始めの細編みに長編みをします。段の編み初めには立ち上がりのくさり編みを1目編んでから、細編みをしてからずっとくさり編み5目細編みの繰り返しです。

段の編み初めと編み終わりさえ気を付ければいいです。

そして最後の4段目。ここで糸を変える場合は動画が参考になるかなと思います。

くさり編みの山になっているところから糸をすくい出して一目くさり編みに細編みで初めていけば大丈夫です。

4段目は一つの山で二つ山を編みつけていくということと、ピコット(くさり編み3目で作ります)ができれば大丈夫。

ピコットの編み方の動画も探してみました。

ピコット編み方

くさり編みを5目編んで3目戻った目から引き抜くのですが、この時くさり編みから引き抜いて少し糸を引っ張るようにして糸を引き抜くといいです。

全部終わった時に糸を切って糸を編んだ裏側に目立たないように気を付けながらくぐらせて糸の始末をします。

実際の動画が違うシュシュのものなのでなんだかややこしくなってしまいましたが、ピンポイントで動画を参考にしていただければいいかなと思います。

よかったら試してみてください(^_-)-☆

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする