法隆寺五重塔についていくつか記事を書いていこうかと思ってました。

そこで今回、雲形組物のことを書いてみようかと思っていました。

もしかしたらその記事自体を近いうちに書き直すかもしれません。

玉虫厨子の雲形組物は死者の国を暗示している⁉
法隆寺の雲形組物の源流は飛騨なのかも・・・
鞍作止利の伝説(飛騨)と法隆寺

特に2番目の法隆寺の雲形組物の源流は飛騨なのかも・・・です。

飛騨に雲形組物があったという記事ですが、たしかに飛騨古川に雲形組物はあったのはありました。

しかし、昭和29年からもともと寺社に使われていた雲形組物を民家に取り入れた、それがこの地方だけに雲形組物があったということのようです。そのような使い方をしているところがこの地方だけということでした。

もともと、飛騨の方の雲形組物の事について書かれていたことが少なくて、はっきりしたことがよくわかっていなかったけど、以前からずっとこの地方に雲形組物自体があって伝わってきていたのだろうと(新しいものも作られながら)思っていました。

なぜこの地方に雲形組物が使われたのかというと、雪が多い地域で、建物の屋根が大きく張り出して屋根を支えるための技術が重要になったということです。

法隆寺が建てられた頃から言うと飛騨の雲形組物は、実際関係がなかったようにも思えます。

でも、ここが鞍作止利の出身という伝承はやはりあるのです。

また、奈良時代のころから飛騨の匠は都に派遣されていて藤原京、平城京、平安京の建築に携わっていたようです。そして鞍作止利は飛騨の匠の元祖だと言われています。

雲形組物自体は近年取り上げたとしても、もともとちゃんとつながりはあるのでそういうところから雲形組物も使うようになったのかもしれません。

スポンサーリンク

 
 
 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする